Ubuntu 13.04 on VMware Player 5にVMware-toolsをインストールしても共有フォルダが使用できなかった.
ネットで調べるといくつか対処法が載っていたので, 紹介しておく.

1. VMWare-Toolsの一部コード修正[1][2]
いつものように, "sodo ./vmware-install.pl"を実行しても, 以下のエラーが出て共有フォルダが有効にならなかった.

make: ディレクトリ `/tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only' に入ります
/usr/bin/make -C /lib/modules/3.8.0-19-generic/build/include/.. SUBDIRS=$PWD SRCROOT=$PWD/. \
 MODULEBUILDDIR= modules
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-headers-3.8.0-19-generic' に入ります
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/backdoorGcc64.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/backdoor.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/bdhandler.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/cpName.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/cpNameLinux.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/cpNameLite.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/dentry.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/dir.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/file.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/filesystem.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/fsutil.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/hgfsBd.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/hgfsEscape.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/hgfsUtil.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/inode.o
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/link.o
/tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/inode.c: 関数 ‘HgfsTruncatePages’ 内:
/tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/inode.c:888:4: エラー: 関数 ‘vmtruncate’ の暗黙的な宣言です [-Werror=implicit-function-declaration]
cc1: some warnings being treated as errors
make[2]: *** [/tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/inode.o] エラー 1
make[2]: *** 未完了のジョブを待っています....
  CC [M]  /tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only/message.o
make[1]: *** [_module_/tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/linux-headers-3.8.0-19-generic' から出ます
make: *** [vmhgfs.ko] エラー 2
make: ディレクトリ `/tmp/modconfig-1SEAJI/vmhgfs-only' から出ます

"Ubuntu 13.04上でVMWare Toolsのshared foldersが有効に成らない場合"[1]と同様に, vmhgfs-only/inode.cの888行目がおかしいようである.
ここを以下のように修正すれば, 共有フォルダが使えるようになる.

[対策手順]
(1) vmhgfs.tarを解凍し, inode.cのソースコードを準備する.
  $ cd ./vmware-tools-distrib/lib/modules/source/
  $ tar xvf vmhgfs.tar

(2) vmhgfs-only/inode.cの888行目を, 以下のように書き換える.
  LOG(4, (KERN_DEBUG "VMware hgfs: HgfsTruncatePages: entered\n"));
  // result = compat_vmtruncate(inode, newSize);
  result = 0;
  if (result) {
    LOG(4, (KERN_DEBUG "VMware hgfs: HgfsTruncatePages: vmtruncate failed "
          "with error code %d\n", result));
    return 0;
  }
    :
(3) vmhgfs-onlyをtarで固める
  $ tar cvf vmhgfs.tar vmhgfs-only
(4) アンインストールし, 再度インストールし直す.
  $ cd ../../../
  $ sudo bin/vmware-uninstall-tools.pl
  $ sudo ./vmware-install.pl

今回の修正は, とりあえずエラーチェックを回避する暫定的なものである.
エラー原因をもう少し詳しく知りたいという方は, "VMWare Player上のUbuntu13.04でVMWare Toolsのhgfsのコンパイルがコケる件"[2]を参照してネ!

2. Open Vertual Machine Tools[3][4][5]
Open Vertual Machine Toolsなるものがあるようで, これをインストールすることで共有フォルダが使用できるようになる.
VMWare-toolsのオープンソース版があったんですね!? 知らなかった...

[手順]
(1) Open Vertual Machine Toolsをインストールする.
  $ sudo apt-get install open-vm-tools
(2) 共有フォルダをマウントする.
 
  $ sudo mount -t vmhgfs .host:/ /mnt/hgfs

自動的にマウントするようにするには, /etc/rc.localに上記mountコマンドを追加する.

共有フォルダを使えるようにするだけなら, Open Vertual Machine Toolsをインストールするのがおすすめ!!

----
参照URL:
 [1] Ubuntu 13.04上でVMWare Toolsのshared foldersが有効に成らない場合
 [2] VMWare Player上のUbuntu13.04でVMWare Toolsのhgfsのコンパイルがコケる件
 [3] VMPlayer(host-os:Windows8/guest-os:ubuntu13.04)の共有フォルダ設定
 [4] Open Vertual Machine Tools
 [5] VMware上のUbuntu13.04でvmware-toolsが動かなかったので