最近Androidスティックなる表示デバイスを持たないAndroid端末をよく見かけるようになった.
その仲間である UG802 Android Mini PCをしばらく借りられたので, 少し試してみることにした.
ug802
UG802をadb接続するのに結構手間取ったので, 一応手順をまとめておく.

1. スペック
UG802のスペックを少し調べてみた.
ハッキリしないところもあるが, スペックは以下のようだ..
 ・ OS : Android 4.1.1
 ・ CPU : Rockchip RK3066, 1.2GHz Cortex-A9 dual core
 ・ GPU : Mali-400 MP4 quad core
 ・ RAM : DDR3 1GB
 ・ NAND Flash : 4GB
 ・ WiFi 802.11b/g/n
 ・ 拡張ポート : 1 x HDMI, 1 x SD Card Slot, 1 x USB 2.0, 1 x USB 2.0 micro
 ・ Google Play : 対応



2. adb接続手順

2.1 UG802の設定
UG802をUSB接続でPCにつないでも, まったく反応する様子がない.
UG802の設定画面で, USB関連の設定を行う必要がある.
1) 設定 > USB > Connect to PC を有効にする.
  注) この設定は保持されないようで, 毎回起動するたびに設定する必要がある.
2) 設定 > 開発者向けオプション > USBデバッグ を有効にする.

2.2 usb_driverインストール
2.1の設定を行うと, "ほかのデバイス"に"rk30sdk"と認識された.

UG802-1

少し前にNexus 7を接続するために, Googleのusb_driverは最新のものをインストールしているはずであるが, 正しく認識されないので, 専用のusb_driverソフトをインストールする必要があるようだ...
Coretex-A9で使えそうなadbドライバを探し試したところ, ここのドライバソフトが使えた.
1) Drivers_AllwinnerA10_32and64.zipをダウンロードする.
2) rk30sdkのドライバ更新で, ダウンロードしたドライバソフトをインストールする.
とりあえず, Android ADB Interfaceとして認識された.

UG802-2

これでつながったかと思ったが, "adb devices"しても音沙汰なし.

ug802-3

そういえば, 以前にも似たようなことがSH-03Cであった. [1]
このときと同じなら, USBデバイスのベンダーIDをadb_usb.iniに追加すればOKなのだが...

2.3 ベンダーID取得
USBデバイスのベンダーIDは, マイクロソフト製のツールであるUSBViewなるソフトを利用すれば取得できる.
USBView.exeは, 例えばここからダウンロードすることができる.
1) usbview.zipをダウンロードする.
2) usbview.exeを実行し, USBデバイス情報を確認する.

ug802-4

ベンダーIDは, 0x2207のようだ.

2.4 adb接続
1) adb_usb.iniにUSBデバイスのベンダーIDを追加する.
 C:\ユーザ\ユーザ名\.android\adb_usb.ini
  # ANDROID 3RD PARTY USB VENDOR ID LIST -- DO NOT EDIT.
  # USE 'android update adb' TO GENERATE.
  # 1 USB VENDOR ID PER LINE.
  0x2207
2) adb接続してみる.

ug802-65

今度はつながったようだ....



3. UG802の中は...

adb shellしてUG802に入ってみる.
adb shellすると, "root@android:/ #"プロンプト. どうもrootのようだ.

3.1 df
 root@android:/ # df
 df
 Filesystem             Size   Used   Free   Blksize
 /dev                  441.0M  36.0K  441.0M   4096
 /mnt/asec             441.0M  0.0 K  441.0M   4096
 /mnt/obb              441.0M  0.0 K  441.0M   4096
 /system               511.5M  339.2M  172.3M   1024
 /data                 503.9M  144.5M  359.4M   4096
 /cache                126.0M  4.0 M  121.9M   4096
 /mnt/asec/com.chameleonlauncher-1  13.2M  11.7M  1.5 M   4096
 /mnt/sdcard           2.1 G  3.8 M  2.1 G   8192
 /mnt/secure/asec      2.1 G  3.8 M  2.1 G   8192


3.2 mount
 root@android:/
# mount
 mount
 rootfs / rootfs rw 0 0
 tmpfs /dev tmpfs rw,nosuid,relatime,mode=755 0 0
 devpts /dev/pts devpts rw,relatime,mode=600 0 0
 proc /proc proc rw,relatime 0 0
 sysfs /sys sysfs rw,relatime 0 0
 none /acct cgroup rw,relatime,cpuacct 0 0
 tmpfs /mnt/asec tmpfs rw,relatime,mode=755,gid=1000 0 0
 tmpfs /mnt/obb tmpfs rw,relatime,mode=755,gid=1000 0 0
 none /dev/cpuctl cgroup rw,relatime,cpu 0 0
 /dev/block/mtdblock8 /system ext4 ro,noatime,nodiratime,barrier=1,data=ordered,noauto_da_alloc 0 0
 /dev/block/mtdblock6 /data ext4 rw,nosuid,nodev,noatime,nodiratime,barrier=1,data=ordered,noauto_da_alloc 0 0
 /dev/block/mtdblock5 /cache ext4 rw,nosuid,nodev,noatime,nodiratime,barrier=1,data=ordered,noauto_da_alloc 0 0
 /sys/kernel/debug /sys/kernel/debug debugfs rw,relatime 0 0
 /dev/block/dm-0 /mnt/asec/com.chameleonlauncher-1 vfat ro,dirsync,nosuid,nodev,noatime,nodiratime,uid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
 /dev/block/vold/31:9 /mnt/sdcard vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,noatime,nodiratime,uid=1000,gid=1015,fmask=0002,dmask=0002,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
 /dev/block/vold/31:9 /mnt/secure/asec vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,noatime,nodiratime,uid=1000,gid=1015,fmask=0002,dmask=0002,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
 tmpfs /mnt/sdcard/.android_secure tmpfs ro,relatime,size=0k,mode=000 0 0

3.3 cat default.proc
 root@android:/
# cat default.prop
 cat default.prop
 #
 # ADDITIONAL_DEFAULT_PROPERTIES
 #
 ro.secure=0
 ro.allow.mock.location=1
 ro.debuggable=1

busyboxも入っているようなので, しばらく触ってみよ~.

----
参照URL:
 [1] LYNX 3D SH-03CをデバッグモードでPCと接続