Google OS実験室 ~Moonlight 明日香~

GoogleのAndroidで遊び始めて, すでに6年以上が経った. Androidは思った以上の発展を遂げている. この技術を使って, 新しいことにチャレンジだ!!

Android-x86を日本語化する

Android-x86を日本語化する方法をまとめておく.

1. メニューの日本語化
1.1 設定方法
メニューの日本語化は, Androidの設定画面から以下の手順で行う.
1) デスクトップ上で, マウスの右ボタンをクリックすると, ツールバーが画面下に表示されるので, その中の"Settings"を選択する.
2) "Settings"メニューから"Locale & text"を選択する.
3) 最上位の"Select locale"を選択し, "Japanese"を選択する.
4) 日本語メニューに切り替わるので, ESCを2回押してデスクトップ画面に戻る.
1.2 動作状況
デスクトップのアイコンの文字なども日本語化される.
langJP01

2. 日本語入力機能の追加[1]
2.1 インストール
IME(Input Method Editor)に"
x86で動くSimeji"を使って日本語入力が行えるようにした.
1) アプリをダウンロードするためにはSD Card(x86の場合USBメモリ)が必要となるので, 5MB程度の空きのあるUSBメモリをさす.
2) "クイック検索ボックス"に以下のURLを入力して, "x86で動くSimeji"のダウンロードページにアクセスする.
http://www.adamrocker.com/blog/286/simeji-for-x86.html
3) ページ内のダウンロードにある"Simeji3.A.3_x86.apk"をクリックしダウンロードする.
4) OI File managerを起動すると, SD Cardの内容が表示されるので, ”download/Simeji3.A.3_x86.apk”をダブルクリックする. "このアプリケーションをインストールしますか?"と聞いてくるので, "インストール"を選択してSimejiをインストールすればOK.
5) "設定"メニューから"地域/言語 & 文字入力"を選択する.
6) "文字入力設定"メニューに"Simeji"がリストされているので, 右端のチェック欄にチェックを入れる.
7)  ESCを2回押してデスクトップ画面に戻る.
2.2 動作状況
1) Android-x86 on VMPlayer

文字入力位置にカーソルを移動すると, 以下のようなSimejiのソフトキーボードが表示される.
キーボードから入力してもOK.
langJP02

b) Android-x86 on Dell PC
Simejiのインストールは問題なくできたが, 文字入力位置にカーソルを移動してもソフトキーボードが表示されない???
原因を調べているがまだ不明. 対処方法が分かったらupdateします.

--- 2010/6/19 update ---
Dell PCでSimejiが動作しなかった件は, Simejiのインストールに失敗していた(?)のが原因だった.
VMplayer上のAndroid-x86では, Simejiのライブラリや辞書は以下のディレクトリにインストールされていたが, Dell PCではwritableXX.dicがインストールされていなかった.
/data/data/com.adamrocker.android.input.simeji
  writableEN.dic
  writableJAJP.dic
  lib/libWnnJpnDic.so
  lib/libWnnEngDic.so
  lib/libwnndict.so
      :

一度Simejiをアンインストールし, 再インストールするとSimejiのソフトキーボードが起動するようになった.

3. 日本語キーボードへの変更
3.1 設定方法
日本語キーボードのレイアウトへの変更は, Androidの設定画面から以下の手順で行う.
1) デスクトップ上で, マウスの右ボタンをクリックすると, ツールバーが画面下に表示されるので, その中の"設定"を選択する.
2) "設定"メニューから"地域/言語 & 文字入力"を選択する.
3) 上から2番目の"Keyboard layout setting"を選択し, "Japanese"を選択する.
4) Androidをリブートすると設定が反映され, 日本語キーボードのレイアウトになる.


-----
参照URL :
 [1] throw Life

Ubuntu 10.04 LTSにアップグレード

4月29日にUbuntu 10.04 LTS版がリリースされたので, 早速9.10からアップグレードしてみました.

アップデート前:
 VMPlayer 3.0.1
 Ubuntu 9.10


1. アップグレード方法
Ubuntu 9.10からのアップグレードはとても簡単でしたが, 以下に手順をまとめておきます.
(1) Ubuntu 9.10の画面から「システム>システム管理>アップデート・マネージャ」を起動する.
(2) 「再チェック」ボタンをクリックして新しいアップデートを確認する.
(3) インストールすべきアップデートがあれば[アップデートをインストールする]ボタンを使ってパッケージをアップデートすると, 「Ubuntuの新しいリリース10.04 LTSが利用可能です」というメッセージが現れる.
(4) [アップグレード]ボタンをクリックし, 画面に表示される手順にしたがっていくと, アップグレードが完了する.
もし, 分かりにくいようでしたら「Ubuntu Tips>インストール>Ubuntu 10.04 LTSへアップグレードを行うには[1]」を参照ください.

2. 不具合と対策
2.1 ログインパスワードが入力できない.
Ubuntu 10.04 LTSを起動したところ, 「ログイン画面でキーボードからパスワードを入力しても入力できない」という不具合に見舞われてしまった. ( ̄▽ ̄;)!!
[対策方法]
(1) 画面右下側の「ユニバーサル・アクセス」ボタンをクリックし, 「ユニーサル・アクセスの設定」を選択すると, 設定ダイアログが表示される.
login_01
(2) 設定ダイアログで, 「オンスクリーン・キーボードを使う(K)」をチェックすると, ソフトウェアキーボード(onboard)が表示される.
login_02
(3) 設定ダイアログを閉じて, onboardでパスワードを入力し, ログインする.
(4) [システム>設定>キーボード」を選択すると, 「キーボードの設定」ダイアログが表示されるので, 「レイアウト」を選択する.
login_03
(5) 「キーボードのレイアウト」に「日本」がない場合, 「追加(A)」ボタンで「日本」を追加する. 
(6) 「キーボードの型式」が未定の場合, 適切な「ベンダー」及び「型式」を選択する.
私の場合, ベンダーにSONYがないために, キーボードの型式が未定となっており, キー入力を受け付けなかったもよう.
そこで, 日本のベンダー(NEC)を選択し, 適当な型式を選択した.
(7) 「システム全体に適応」ボタンをクリックすると完了.
(8) Ubuntuを再起動し, 「ユニバーサル・アクセスの設定」で 「オンスクリーン・キーボードを使う(K)」のチェックをはずし, onboardを消す.

私の場合, これでキーボードからパスワード入力できるようになった.

Ubuntu 10.04にアップグレードにより, とりあえず直面した不具合はこれだけですが, 使っていてまた不具合があったら続きを書いていきます.

------
参照URL:
 [1] https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/UpgradeLucid

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索



  • ライブドアブログ