Google OS実験室 ~Moonlight 明日香~

GoogleのAndroidで遊び始めて, すでに6年以上が経った. Androidは思った以上の発展を遂げている. この技術を使って, 新しいことにチャレンジだ!!

Android ThingsのDoorbellサンプルを試す

先週末に, Android Thingsを試してみようと, Raspberry Pi 3を購入してみた.

まずは, LチカやPeripheral I/Oの使い方など1週間試してみた.

led01

GPIO, I2C, PWM、UARTなどの基本的な使い方は, こちらの「Androidプログラマへの道[1]に少し記載しておいた.

今週末も, 台風で勉強会などが延期になったので, Android  Things Doorbell sample[2]でAndroid Things + クラウド連携の動きを試してみることにした.

このサンプルは, Android Thingsのカメラで撮影した画像を, Cloud Vision APIを使ってアノテーションし, Firebaseのデータベースへ画像を送る.
Androidスマフォからは, リアルタイムで撮影した画像を閲覧できるというもの.

[ハードウェア]

pi3button
これに, 昔使っていた初代Raspberry Piのカメラモジュールを接続した.

サンプルのビルドやクラウド側の設定は, GithubのSetup and Build[2]やQiitaの記事[3]などに記載の手順で, 特にハマるところもなく, 一応動いた.

bell02

Cloud Vision APIやFirebaseはあまり詳しくないので, 書かれているままに設定したのだが, "no annotations yet"となっている.
bell03
Cloud Vision APIの使い方間違ってるのかな~.

何はともあれ, 一応Android Things + クラウド連携で動いているので, これを参考に何か作ってみよう...

----
参照URL:
[1] Androidプログラマへの道 ~ Moonlight 明日香 ~
[2] androidthings/doorbell
[3] Android ThingsのサンプルDoorBellアプリを試してみた

Project Oxford Faceを試してみる

昨年「How old do I look?[1]という, 顔画像から被写体の年齢を推定するサービスが話題になった.
試してみた方も結構多いのでは?

このサービスで利用されている顔検出技術「Microsoft Project Oxford Face APIs[2]が, 昨年12月にV1.0になったようなので, Android用のFace Demoを試してみた.

1. 準備
1. 1 Keyの取得
 a) Face APIsのSubscribeから入るが, Sign Inしてない場合はign Inを求められる.
oxford01

 b) Keyを取得する.
oxford03

1.2 SDKのダウンロード
 a) Face APIsのDownload SDKから入る.
oxford04

 b) Android版のSDKをダウンロードする.
oxford02

2. サンプルアプリのビルド
 a) face_Face-SDK-Android.zipを展開し, Android StudioでSampleプロジェクトを開く.
 b) res/values/strings.xmlを開き, 取得したKEYを設定する.
 <resources>
     <!-- Please refer to http://oxford-portal.azurewebsites.net/doc/general/subscription-key-mgmt to get your subscription key -->
     <!-- If you have one subscription key, you can add it here to use the service -->
     <!--<string name="subscription_key">Please_add_the_subscription_key_here</string> -->
     <string name="subscription_key">XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX</string>
     <!-- Main activity -->
     <string name="detection">Detection</string>
     <string name="verification">Verification</string>
         :

 c) Make Projectする.

3. 動作例
今回はAKB48公式サイト[3]を使って, 各モードをテストしてみた.

Nexus 7(2013) / Android 6.01

3.1 Detection
oxford06

3.2 Verification
oxford08

3.3 Grouping
oxford07

3.4 Find Similar Faces
oxford05

このFace APIsを使って, 結構面白い事できるかも...

----
参照URL:
[1] How old do I look?
[2] Microsoft Project Oxford Face APIs
[3] AKB48公式サイト

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索



  • ライブドアブログ